【G-motty Blog(ジモッティブログ)】キタキュウのビール好きは良い人ばかり(第12回)「門司港地ビール工房 その2 」

 第12回目も北九州市で唯一のビール醸造所を併設したビアレストラン「門司港地ビール工房」をご紹介します。門司港地ビール工房では本場ドイツビールに負けない美味しいビールを提供しています。レギュラービールはヴァイツェン、ペールエール、ピルスナー、アンバーラガー(門司港驛ビール)です。季節限定ビールはフェイスブックやインスタグラムなどで紹介していますので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

レギュラービールは4種類。季節限定ビールもあります。
レギュラービールは4種類。季節限定ビールもあります。

「ビール大国ドイツ」 気風の異なる南部と北部ドイツ

  
 ドイツ純粋令の「ビールには大麦、ホップ、水以外の材料を使ってはならない」との鉄則を頑なに遵守し品質を重んじる伝統的なビールは、日本ではなじみが深いビールです。
 ドイツ北部はライトでホップが強めのビールですが、南部は味・色ともに濃くモルトが強めのビールが特徴的です。ベルリン、ハンブルグなどの北部では、ピルスナー発祥の地であるチェコの影響を受けたジャーマンピルスナーが好まれます。特徴は「キレ」のあるビールです。発酵度を高めて残糖を低下させホップ量を比較的多めに添加するので「ドライの苦味のきいた」辛口ビールです。これに対して、ドイツ南部のミュンヘンビールは色の濃い芳醇でやや甘みのある旨味を特徴としているビールです。特に「ボック」スタイルは、濃厚でアルコールの強いコクのあるラガービールとして有名です。北ドイツのアインベックが発祥の地で、アインベックが訛ってアインボックに変わり、さらに短縮されて「ボック(Bock)」と呼ばれるようになったと言われます。しかし、ボックには雄ヤギという意味もあるため「ヤギのキックのように強い」が語源という説もあり、ボックのラベルには雄ヤギが描かれることが多いようです。

「ビール世界史紀行」ビール通のための15章  村上 満箸 引用
知識ゼロからのビール入門   藤原ヒロユキ著   引用

暖かい日に海を眺めながらのビールは、至福の時間です。
暖かい日に海を眺めながらのビールは、至福の時間です。

ドイツの上面発酵ビール

 

 ドイツのミュンヘンは下面発酵ビールの発祥の地です。ドイツビールはラガービールだけと思われがちですが、ドイツにも上面発酵ビールはあります。スタイルをいくつかご紹介いたします。
 ライン河のほとりの街、デュッセルドルフのアルトシュタットにはアルトビールがあります。アルト(=古い)という名称は英国の伝統的な上面発酵方式で醸造された本格的なビールという意味で、色は赤味のある銅色で麦芽由来の甘みはやわらかい味です。
 ドイツのケルン市にはケルシュビールがあります。上面発酵のビールですが通常の上面発酵よりも低温で発酵され、さわやかな香りとすっきりした飲み口が特徴です。実は、ケルシュビールはケルンの醸造所で造られたビールにしか許されていない呼称です。門司港地ビール工房の今夏限定ビールのサマーエールはケルシュ製法に似せて造ったすっきりとしたビールです。
 バンベルグが発祥とされる「ラオホビール」は「燻製ビール」という意味で、15世紀ごろに生まれたビールです。緑の麦芽をブナで燻煙させ、上面発酵と下面発酵の「ラオホ」があります。スモーキーでパンチの効いたビールです。
 バイエルン州を中心としたドイツ南部で好まれるビールは、原料に少なくとも50%の小麦麦芽を使用した上面発酵ビール「ヴァイツェン」は「ヴァイス」(ドイツ語で「白い」を意味する)とも呼ばれます。

「ビール入門」小田良司著
「ビール語辞典」 リース恵実箸  参考

3階フロアでは、関門海峡が見渡せます。
3階フロアでは、関門海峡が見渡せます。

門司港地ビール醸造所の職人の方々

 

 門司港地ビール工房のビール職人さんは3人います。ビール醸造職人2年目の宮崎勝也さんは、大学時代毎年琵琶湖で開催される鳥人間コンテストに出場するほど飛行機づくりに夢中でした。卒業後は大手製造業の技術者として就職し、海外ビールをじっくりと堪能する楽しみ方を知って、ビールに対する考え方が変わりました。元来モノを造ることが大好きだったので、次第にビールを造りたいという思いが強くなり、ビール職人に転職されました。工場長の峯松さんや福永さんの下で日々勉強中だそうで、今はビール造りの基本的事項を体得するだけで精いっぱいだと言われていました。
ビール醸造職人の宮崎勝也さん
ビール醸造職人の宮崎勝也さん

 金子俊博さんは、4年前に門司港地ビールのオーナーに誘われ、現在は門司港地ビール工房の副支配人として従事されています。ビール職人が醸造した門司港地ビールに合うようなフードづくりとアイディアを常に考えています。時折、金子さんはピザ職人さんの恰好をしてピザを焼いています。実は、門司港地ビール工房のほとんどの職員が美味しい手作りピザを作ることができるそうです。驚きです。
ビール酵母で発酵させたピザ生地
ビール酵母で発酵させたピザ生地

 ホール担当の河野正志さんは、もとはフランス料理店のシェフでしたが、門司港地ビール工房のピザ製法を学びたくて現在に至っているようです。門司港地ビール工房のピザはビール酵母で発酵させたピザ生地で、焼きカレーはヴァイツェンビールでじっくり煮込んだカレーです。だから、ビールに相性がピッタリあう料理なのがうなずけます。その他、門司港地ビール工房で提供する料理はどれもビールによく合うものばかりで、ビールとのマリアージュを楽しんでほしいという思いだそうです。

門司港地ビール(ヴァイツェン)で煮込んだ焼きカレー
門司港地ビール(ヴァイツェン)で煮込んだ焼きカレー

左から水尾治さん、金子俊博さん、河野正志さん
左から水尾治さん、金子俊博さん、河野正志さん

 

美味しいビールを飲みましょう。

                          M.mieko

  • G-mottyのキタキュウのビール好きは良い人ばかりマップはこちら
  • 地域情報ポータルサイトG-mottyはこちら
  •  

    【G-motty Blog(ジモッティブログ)】北九州市立医療センターだより(第5回)管理栄養士によるレシピ紹介 その①

    北九州市立医療センターの管理栄養士によるレシピ紹介!
    『暑い夏にぴったり!レシピ』の紹介です。
    【ゆで豚の冷製】
    ●分量(2人分)●
     豚ロース 150g/もやし 90g
     青じそ 4枚/しょうが 少量
     A:ポン酢 大さじ1と1/3、醤油 大さじ1強、みりん 
       大さじ1/2強、白ごま 大さじ1と1/3、唐辛子 少々
    ●作り方●
     ①豚ロースを茹でて冷やす。
     ②もやしは適当な長さに切り、茹でて冷やす。
     ③青じそはみじん切り、しょうがはすりおろし、
      Aと混ぜ合わせる。
     ④②の上に①を盛り、③をかけて出来上がり。
    香り、風味があって、食欲不振気味の方にもお勧めです。
    おいしいですよ。是非、お試しください。
     
    参考までに平成29年8月1日の昼食の献立です。

    北九州市立医療センターホームページはこちら
    http://www.city.kitakyushu.lg.jp/page/hospital/center/

    【著者】 北九州市立医療センター広報チーム(木原 雅彦、中山由紀子、天野 健司、塩田 淳、鬼塚 玲美、山田 周平)

    【G-motty Blog(ジモッティブログ)】北九州市立医療センターだより(第2回)市民公開講座①

    北九州市立医療センターでは、市民の皆さま向けに市民公開講座を開催しています。

    今回は、平成29年6月24日(土)に開催した市民公開講座について紹介します。

    “【G-motty Blog(ジモッティブログ)】北九州市立医療センターだより(第2回)市民公開講座①” の続きを読む

    【G-motty Blog(ジモッティブログ)】北九州市立医療センターだより(第1回)糖尿病教室①

    北九州市立医療センターでは、どなたでも参加できる糖尿病教室を開催しています。
    講師は、医師と栄養士が担当しています。

    場所:北九州市立医療センター 別館6階 602会議室
    日時:毎週水曜日 14時30分から15時30分まで

    “【G-motty Blog(ジモッティブログ)】北九州市立医療センターだより(第1回)糖尿病教室①” の続きを読む

    【G-motty Blog(ジモッティブログ)】キタキュウのビール好きは良い人ばかり(第11回)「門司港地ビール工房 その1 」

    第11回目の今回は、北九州市で唯一ビール醸造所を併設したビアレストラン「門司港地ビール工房をご紹介いたします。JR門司港駅からレトロ方面へ歩いて7~10分ほど、ブルーウイング門司橋の近くにあります。


    801-0853 福岡県北九州市門司区東港町6-9  TEL:093-321-6885

    門司港地ビール工房は、オーナーが米国タコマ市の港の見える街角で、初めて口にした地ビールの味に感動し、「レトロの香る地元で、行き交う船を眺めながらおいしい地ビールを飲みたい」と思ったことをきっかけに生まれたお店です。
    お店の1Fはジンギスカン専門レストラン、2階はビール醸造施設、3Fは展望レストランです。お店で飲めるビールはいつでも新鮮で正統派ビールが楽しめます。ヴァイツェン、ペールエール、ピルスナー、アンバーラガー(門司港驛ビール)がレギュラーで提供されています。期間限定で、ヴァイツェンストロング、チョコブラウン、サマーヴァイツェンなど限定ビールが提供されています。


    1階のレジではビールやグッズが販売され、ビールのテイクアウトも可能です。

     


    門司港地ビール工房の1階から2階の醸造設備が見えます。

     

    ドイツ発祥のビールとは

    ドイツには約1300もの醸造所があり、地域性豊かなビールが造られています。ラガービールとは、下面発酵ビールの総称で15世紀のドイツで誕生しました。秋に仕込み春まで貯蔵したことから、「貯蔵」を意味するラガーと呼ばれるようになりました。


    アンバーラガー(門司港驛ビール)

     

    ドイツのビール造りは、1516年にバイエルン公ヴィルヘルム4世が公布したビール純粋令を順守しており、今も変わらぬ醸造が続けられています。「ビールの原料は大麦とホップと水のみ」という法律で世界最古の食品条例です。不正なビール造りを取り締まるため、また小麦やライ麦をビールに使わないことでパン作りを守るために導入されました。この中に「酵母」が含まれていないのが気になりますね。(実は「酵母」が一体何なのか、正体がわかるのは後になり、その後純粋令に酵母が追加されます。)
    バイエルン地方では例外として貴族たちが小麦をビールに使うことが許され、上面発酵ビールのヴァイツェンが19世紀まで独占的に醸造されていました。ヴァイツェンが「貴族のビール」とよばれるのはこのことに由来しています。
    現在では制限があるもののドイツでも多くの副原料が認められています。しかし、ドイツ国内の多くの醸造所で品質や歴史を重んじて今でも純粋令が守られています。


    ヴァイツェンビール

    「ビール語辞典」 リース惠実 箸 引用
    「ビール世界史紀行 ビール通のための15章」 村上 満 箸引用

     

    世界のビール祭り「オクトーバーフェスト

    小倉勝山公園でもゴールデンウイークに開催

    もともと「オクトーバーフェストは、収穫と新しい醸造シーズンの幕開けを祝う、バイエルンの田舎祭でした。その発祥は1810年です。今ではドイツのミュンヘンで行われるのが最も有名で、9月半ばから10月上旬まで16日間にわたって開催され、世界中の人々が押し寄せる最大級のビール祭りです。
    メルツェンとは、別名「オクトーバーフェストビール」として知られるバイエルン発祥のスタイルです。3月(メルツ)に仕込み夏に飲んでいたビールで、アルコール度数は少し高めのウインナー麦芽を使った紫褐色のデラックスビールです。冬用のビールを仕込むのにビール樽をカラにしないといけません。秋までにビールをすべて飲み干すためにオクトーバーフェストが生まれたともいわれています。
    門司港地ビールは、毎年開催される北九州市小倉オクトーバーフェストに参加しています。門司港地ビールもメルツェンを提供していますが、本場ドイツビールに負けない美味しいビールを是非楽しんでください。

    門司港地ビール醸造職人

    門司港地ビール工房には4人の醸造職人がいらっしゃいます。今回はお二人をご紹介いたします。
    工場長の峯松幸之助さんは、大学時代(工学部)からビールが大好きで、ビール造りに大変興味があったそうです。大学卒業後すぐに、門司港地ビールの醸造職人になりました。その5年後の2004年、ドイツオクトーバーフェストに訪れた際、門司港地ビールはまだまだドイツビールに劣っていると痛感させられました。まずは本場ドイツビールの味に近づける事を大きな目標として、当時ドイツ製法を取り入れていた日本の醸造所(富士桜高原麦酒、ハーベストムーン、伊勢角屋麦酒、大山地ビールなど)を訪れて、習得した知識をすぐに実践してビールの改良を重ねました。2011年、東広島研究所で醸造について理論的に学んだことが目から鱗だったようです。同年、門司港地ビールはヴァイツェンで金賞を受賞し、2012年にはペールエール、2014,2015年ヴァイツェンストロングと2016年トロピカルヴァイツェンはイギリスで開催されたビールの世界大会でN0.1を受賞しました。以前から大きな課題であったビールの品質も安定し、地元北九州市が誇る正統派ビールとして県外の方々にも知られるようになりました。


    ビール職人で工場長の峯松幸之助さん

     

    今後、平成29年内に新しいビール工場が完成予定です。これまで1回のビール仕込み量は約700Lと小量醸造だったのが約1800Lへ増量されるため、「多くの人に門司港地ビールを味わって欲しい」との峯松さんの思いはさらに現実のものになります。「門司港地ビールと言えばヴァイツェン!
    ですが、ヴァイツェンと門司港地ビールレストランの「ヴァイツェンで煮込んだ焼きカレー」とのペアリングもお勧めです。絶品です!
    福永直也さんは醸造職人15年。職人になる前も大好きなビール関連の仕事に携わっていましたが、門司港地ビールのヴァイツェンを初めて口にした時、衝撃的な感動を覚えたそうです。その後、偶然にも門司港地ビールで醸造職人として働くことになりました。職場ではビールの衛生管理に関して特に徹底しており、ちょっとしたミスも許さない厳しい峯松さんの指導の下、自分が受けたビールの感動を多くの地元の人にも提供したいという強い思いで毎日ビールを造っているそうです。


    ビール職人の福永直也さん

    美味しビールを飲みましょう。

    M.Mieko

  • G-mottyのキタキュウのビール好きは良い人ばかりマップはこちら
  • 地域情報ポータルサイトG-mottyはこちら
  •  

    G-motty Blog(ジモッティブログ)】自治体小ネタ(第6回)_北九州にも聖火リレーが来た!

    東京オリンピック2020の話題が新聞などで報道されていますね。
    北九州市が誕生したのは1963年、前回の東京オリンピックの前年でした。

    そこで、東京オリンピックと北九州の関わりについて調べてみました。
    今回は、北九州市に聖火リレーがあったという話です。

    【全国で行われた聖火リレー】

    オリンピックの聖火は、日本に到着した後、全都道府県を回ることを前提にして、
    4つに分けられて運ばれました。

    第1コース
    鹿児島-熊本-長崎-佐賀-福岡-山口-広島-島根-鳥取-兵庫-京都-福井-石川-富山-新潟-長野-山梨-神奈川-東京

    第2コース
    宮崎-大分-愛媛-高知-徳島-香川-岡山-兵庫-大阪-和歌山-奈良-京都-滋賀-三重-岐阜-愛知-静岡-神奈川-東京

    第3コース
    北海道-青森-秋田-山形-新潟-群馬-埼玉-東京

    第4コース
    北海道-青森-岩手-宮城-福島-栃木-茨城-千葉-東京

    地上での聖火リレーは、4つのコースをあわせると、4,374区間 6,755Kmになり、
    参加リレー走者は10万人を超えたそうです。

    そのうちの一つが、沖縄、鹿児島を通り九州の西回りで引き継がれ、9月17日に北九州市に到着しました。

    【北九州の聖火リレー

    北九州のコースは、国道3号線や旧電車通りといった大通りを中心にリレーされていきました。
    そして、門司の和布刈公園に設けられた聖火台で一泊した後、海路で下関に引き継がれていきました。

    当時の聖火リレーは、正走者一名、副走者二名、随走者二十名という構成だったそうで、テレビで見る聖火リレー
    の様子とは違い、応援したみなさんは大集団が通過していく様子を見たのかなぁと想像します。

    せっかくなので、市政だよりや新聞記事から当時の聖火リレーのルートを再現してみました。

    G-motty東京オリンピック1964聖火リレーマップ

    出典:北九州市 市政だより昭和39年9月1日号
    西日本新聞昭和39年9月15日~18日付
    JOCホームページ
    http://www.joc.or.jp/past_games/tokyo1964/story/vol01_02.html

    ◆グルメ・古地図・歴史・マニアックな地域情報はG-mottyをご覧ください!

    地域情報ポータルサイトG-mottyはこちら

    (著者:堀江 吏将)

    【G-motty Blog(ジモッテイ ブログ)】第5回 Goose Meeting

    北九州市若松区竹並にある「北九州市響灘緑地(グリーンパーク)」で
    Goose Loc’R主催で毎年1回開催されている『Goose Meeting』に
    G-mottyも参加しました。

    そもそも「Goose Loc’R」ってなんぞや?

    と思われる方もいらっしゃるはず。

    「Goose Loc’R」とは、北九州市八幡西区にあるデイケアセンター「さくら
    館」を中心に、昔も今も社会問題として消えることのない「高齢者の孤独問
    題」や「高齢者のいきがい創出」などを考え、「高齢者の活躍の場を確保」
    するために様々な企業が集まり、活動しているパワフルな地域団体です。

    「Goose Loc’R」のこれまでの活動内容については、こちらをご覧ください。

     

    さてさて、「第5回 Goose Meeting」が開かれた5月21日は“真夏か!?”とも
    思えるほど、日差しの強い、よく晴れた1日でした。

    おかげで1日が終わった夕方には、日焼け止めクリームを塗り忘れた“手”が
    真っ赤っか!日焼け止めを塗り忘れたG-motty スタッフの顔も真っ赤っか
    でした(泣)

    当日は、たくさんの楽しいステージが繰り広げられました。
    <当日の催しモノ>
    ・希望ヶ丘高等学校吹奏楽部による演奏
    ・フラハーラウプアレイによるフラダンス
    ・加藤 詩乃さん ON STAGE(→11歳とは思えない歌唱力 !)
    ・ラッカスベリーダンスによる魅惑的なベリーダンス
    ・福岡ひびき信用金庫 による 若松五平太太鼓
    ・おやじFlavorsに夜楽しいダンス

    また屋外ステージ横では、Goose Loc’Rに参加している企業によるブース出展や
    マルシェなど、みどころがたくさんでした!

     

    途中、ちょっと小腹がすいて、「旬彩果実 松尾商店」のブースで販売していた
    「あまおうブリュレ」を購入。これがまた美味!

     

    我らG-mottyもブースを出させていただきました。

    今回は、「宝さがし(with 鬼)」としてスマートフォンを使ったゲームを
    行いました。グリーンパークに隠された5か所の宝を、スマートフォンを
    使って探し、画面に映し出される被写体と同じものを撮影してGOALという
    内容でした。

    今回の問題の中の一つ「黄金のさなぎを撮れ!」

    これ、本当に黄金でした!

    “オオゴマダラ”は、日本で一番大きな蝶といわれれているそうです。
    撮影のときに、窓ガラス越しだったため周りの花が写りこんでしまい
    すこし見辛いのですが、成虫も撮影できました。

    まだ、ご覧になったことがない方は、この機会にグリーンパークの熱帯生態園へGO!

     

    最後は、Goose Loc’Rのみなさんと一緒にダンス!

    熱い1日でした!

    (著者:サワカメ ルミコ)

    【G-motty Blog(ジモッティ ブログ)】何ができた?!何をつくる?!

    2017年5月17日と18日に、東京ミッドタウンで開かれるESRIジャパン株式会社
    主催の「第13回GISコミュニティフォーラム」に、G-mottyも参加しています。

    本日17日は、「地域情報活用セッション」として、ICT・クラウドの普及が自治
    体と地域の新しい協力関係を築いてきた事例を発表させていただきました。

                (兵庫県立大学 浦川准教授)

     

    本日のセッションでは、ご縁を頂き、G-mottyと地域の皆様との架け橋として
    ご協力いただいている地域団体「Goose Loc’R」より「デイサービス さくら館」の
    藤原様と「旬彩果実 松尾商店」の松尾様にお越しいただき、『Goose Loc’R×G-motty 
    何ができた?何を作る???』と題して、“Goose Loc’R”の日々の活動を交えながら
    発表いただきました。

           (さくら館 藤原様、松尾商店 松尾様)

     

    また、2017年4月からKRIPP(北九州地区電子自治体推進協議会)に参加いただく
    こととなった北海道室蘭市の丸田様より、発表いただきました。

                  (北海道室蘭市 丸田様)

    本日の発表資料は、後日、G-mottyの資料ダウンロードページより公開予定です。

    お近くの方は、明日もぜひ会場へお越しください。

     

    ◆G-motty 資料ダウンロードページはこちら

    ◆デイサービスさくら館のHPはこちら

    ◆旬菜果実 松尾商店のHPはこちら

    (著者:サワカメ ルミコ)